モンテッソーリloverのブログ

モンテッソーリ大好き教師の綴りごとです。

好きなことを拠点に世界を広げる

先日お会いした前職場(あかね)の卒園児さん、現在1年生。
恐竜やサメが大好きで、毎週水族館に通うほど。

「好きなことと興味のないことの差が激しすぎて」

とお母さまがやや嘆き気味につぶやいていたのが印象的でした。

何に興味がないのか、そのひとつが「数」だそうです。

でも、そのお子さんご本人と話していたら、

「みかんをいくつ食べたとか、
りんごがいくつとかどうでもいいんだよ。
例えばこれが、

ティラノサウルスの卵が6個ありました。
そのうち3個が孵りました。
まだ孵っていない卵はいくつでしょう』

っていう問題だったら、
6-3=3 答えは3個ってわかるんだよ。
それなら面白いんだよ」

と言っていたので、

(自分で問題作れるって
そうとうわかってるよな…)

という思いを抑えられませんでした。




私なんてついつい、
「子どもの選択肢が広がるように」
なんて、おせっかいな思いで
子どもの苦手なことも平均値くらいにはなるように
しむけてしまいそうだけど
(要するにイヤなことも耐え忍んで頑張らせる昭和な価値観w)


こういうふうに
好きなことから興味のないことに世界を広げていく
というやり方は、とてもいいなぁ
と教わった思いです。



モンテッソーリの小学校は
地球誕生、生命の誕生と歴史についての
大きなレクチャーを1年生の最初に受け、
あとは自分の興味があるところから
探究していいんだそうです。

学年の壁も時間割もなく
1~3年生、4~6年生が混ざり合って
グループで探究する。

この学年でこれを勉強する
とか
この歳でこれを理解しなきゃいけない
とか
大人が決めたカリキュラムはなく、
子どもが自分で考え、探究していける環境。

それぞれ好きなこと、得意な分野が違っていてそれでいい。
その違う人たちが集まって協力して、
ひとつのテーマについて探究していく。

多様性を受け入れながら
探究心を育てていくって
なんかいいなぁ
と思います。



11月に、本場イタリアのモンテッソーリ園や小学校を見学するツアーがあって
先立つもの(要は金w)と
仕事との兼ね合いであきらめてたけど
これ書いてたらやっぱり行きたくなってきたな。
まだ空きあるかな…